インテリアデザイナー 竹内三ツ木の   おすすめ美術館
Vol.301 


Tate Gallery Britain
Millbank,London SW1P 4RG
phone 020 7887 8008


テイトギャラリー (ロンドン)

テムズ河のほとりに建つこの美術館は、1897年ヘンリー・テイトの資金援助で建設された。当初はナショナルギャラリーの付属館であったが、1954年テイトギャラリーとして独立した。国立美術館であり、1500年から現代までの膨大なヨーロッパ美術が収蔵されている。中でも英国の偉大なロマン派画家J・M・Wターナーの作品は、油彩画だけでも300点を越え、素描水彩画は2万点にものぼり、ターナーの部屋はさすがに見応えがある。

 J・M・Wターナーは1775年ロンドンに生まれ、14歳でロイヤルアカデミーの美術学校へ入学し27歳の時同アカデミーの正会員になる。若い頃は写実的な作品が多いが、この頃から海の風景や船員、漁夫などの生活を多く描く様になる。
1828年のイタリア旅行の後、光の美しさの追求から輝く色彩を使った幻想的な作風に変わっていく。版画の下絵も多く描き、自身で製版した版画集もある。
 生涯を通じてテムズ河とそこに浮かぶ船の絵が多い。1851年ロンドン没。


London


The Sun of Vnice Going to sea
JMW TURNER
  
INDEX 次へ>>
Profile
Essay
News & BBS
Personal P.index
Top Page